So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

還暦の猫 その9「冬の終わりの或る日のつぶやき」 [閑話休題]

 ジャズを聴きながら暖まっていると至福のひと時を感じる。何にも犯されない魂の空間というものを、我が仲間たちは知っているニャろうか…。獲物探しの猟をするばかりが生業ではニャい。若い猫たちならいざ知らず、還暦の猫ともなれば趣味探究の至福の生涯を知らなければこの世に生まれた醍醐味を知らずに終わることになるんだニャア。

1903_暖ジャズ.jpg

 最近は歯がめっきり弱くなって食の好みも変わってきたようだニャ。猫の食事情に無頓着な我が家の給食には相変わらず硬いペットフードが混じっているので仕方なく頂戴しているが、本当はもう少し柔らかい高齢者用のものにして欲しいのが正直な気持ちだ。数年前なら食欲旺盛だったものがやはり歳のせいか食べる量も減って来たようだ。食欲はバイタリティのバロメーターとも云えるらしく、減退は夜の行動範囲にも影響する様だニャ。最近は夜会も億劫になってそろそろ猫社交界からも引退かなと思い始めている。
 そういえば何日前だったか、近所で可愛い子猫を見掛けたニャア…。ひと昔前に同居していて姿を消した姪猫「コブチ」によく似た容姿だった。猫族界では血縁などというものは何の意味も持たないが、それでも同じ屋根の下で過ごした家族には特別な想いが残っているものだ。“情”では結ばれない猫族の繋がりだが動物的な力関係というものはいつの間にか出来上がるもので、幼猫時代からの成長道程と培われた世界観が全体社会を形成してゆく…って難しい話になっちゃったニャア(苦笑)

ミカン椅子上ヒーター.JPG

暖房とジャズのあるご主人の机上で想いに耽る…還暦の猫にとって世俗的死活を離れた至福の時間でもある。有り難ニャ、有り難ニャ。

 

nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

次元の扉をイメージする [還暦デビュー雑感]

若い頃に“目ざめから眠りに入る境い目”を見極めたいと幾数日も挑み続けた事があった。結局何度も失敗して睡眠不足状態になって、ある時うつつの様な状態で見たのが「白い扉」だった。
40代の脂が乗り切って有頂天だった時代に車で瀕死の事故をした。鉄柱にぶつかるのがあと1メートルずれていたら即死だったろう意識不明で、搬送された時に三途の川の向こうに見えたのが「白い扉」だった。
魂は時空を超えることが出来るが、肉体は生きているこの次元でしか存在することが出来ない。「白い扉」というのはこの次元と別次元の境い目の事であり、どうしてもそれを確かめたかった私の空想の産物なのだろう。

image_白い扉.jpg

「次元」という概念を捉えた時に例の“白い扉”が頭に浮かんだ。本来は形のない存在すらもないものが次元の境い目なのだが大方の人間は残念ながら有形の何かに託さないと対象を掴めないものなので(神を偶像崇拝してしまうのも同じ)その象徴として私の場合「白い扉」が現われたのだろう。
この白い扉を開いて一歩踏み出せば、まるでドラえもんの「どこでもドア」の様に別次元にワープ出来るようだ。生と死の境い目、夢と現の分れ目をようやく掴み取ることが出来たがまだその先を飛び越える気持ちには至らない。念願の生死の境い目を見極めた次の課題は、この先にある別次元を垣間見るための探求になりそうだ。

 

nice!(20)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -