So-net無料ブログ作成
検索選択

第4章~人生の躓き [還暦の荒野をめざして]

石川達三・原作で神代辰巳・監督の『青春の蹉跌(さてつ)』は、私が若い頃に観た邦画の中で忘れられないお気に入り作品のひとつだ。
脚本・演出も出色の出来だが、主演の萩原健一そして井上堯之の音楽が素晴らしかった。
私の頭の中にはいつしか『青春の蹉跌』という題名がそのまま青春を表現するキーワードのように定着していたようだった。

黎明時代01.jpg
 ▲ 若き日のイラスト_ア・ラ・カルト

そして時は流れて老境に入ろうかというとき…
私はちょっとした躓(つまづ)きをしてしまった。まだまだ至らなさのある事を思い知らされた。
働くことに於いてはピンからキリまで様々な世界を経験してきて多少の事では動揺などしない人間のつもりでいたが、老いによる衰えもあるだろうが未だに身の振り方の至らなさを痛感する羽目となった。
これは肉体的な衰えばかりが問題なのではなく、年齢からくる精神の脆弱性だとも思った。歳をとれば人も円熟してその心も強靭なものになるのかと思っていたがそうとも限ら無さそうだ。

人生に「躓き」というヤツはよくあるもので、それを致命的な大事と採るか通過点上での出来事と理解するかはその人の気持ちの在り方に係っていると思う。只いずれにしても“躓き”である事に違いはない訳で未熟な過ちであると認める事が肝心だ。
たいした修羅場も知らないくせに強者ぶった顔をして己の未熟さを顧みない高齢者の多くなった昨今だが、かと言ってあまりに自己批判して卑下し過ぎるのも行き過ぎの様に思える。
程よいバランスで生きることが人生の達人だと思うようになった私だが、そのバランスが崩れるから躓いてしまうものなのだという事も分かった気がした。

「躓き」は幾つになっても、もう大丈夫だと思っていてもやってしまうものだ。常に最善のバランスで生きていられるものではないから、ちょっとした状況の変化で迷ってバランスを崩して“仕出かしてしまう”のが人生なのだと思う。

イラスト'78tokyo_0A.jpg

今更この歳で修身を学ぶと公言するのも愚かしいが、まだまだ改めて気づくことは多くありそうだ。躓く事でまたひとつ賢くなるのだったらそれも人生の拾い物だと思って大切にしておこう。

人生の終盤にさしかかった時に、それでもまだまだ面白く笑える生き方ができれば、そんな素敵な事はない。
先ことなど心配せずに、躓くことなど気にもせずに来るべき時を楽しみに生きていれば、そんな天晴れな人生はないだろう。

人生の到達点は「希望と再生」なのだと悟ったような気がした。

切り株眺め.jpg

 

[青春の蹉跌] 切実にこの映画のDVD化を願い続けているのだが何故か未だ実現していない。
要望する声も多い筈なのだけれど、著作権などでクリア出来ない難しい問題があるのだろうか?

 


nice!(20)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 20

コメント 8

青の風画

人はバランス、調和が大事。
そんなことを痛切に今感じています。
by 青の風画 (2017-02-25 13:53) 

扶侶夢

>青の風画さん、ご来訪&コメントありがとうございます。
私もまったく同感で、いずれの世界に於いても達観というのはバランスを極めることのような気がします。「程の良さ」という言葉もありますがまさにそれですね。
by 扶侶夢 (2017-02-26 00:22) 

風船かずら

希望と再生、いい言葉ですね。たぶん生きている限りその連続であるべきと思っています。負けるなそういいたいですね。
by 風船かずら (2017-02-26 10:28) 

扶侶夢

>風船かずらさん、ご来訪&コメントありがとうございます。
まさに「負けるな」そういいたいですね。つまづく事も多々あるけれど「挫けちゃいけない」といいかいですね。
何だか水前寺清子の演歌のようですが(笑)
by 扶侶夢 (2017-02-27 00:35) 

ぼんぼちぼちぼち

青春の蹉跌、名作でやすね。
脚本は長谷川和彦さんでやすね。
ラストが原作と変えられてやしたね。
どちらのラストも成立してて見事だと思いやした。
by ぼんぼちぼちぼち (2017-03-03 21:22) 

扶侶夢

>ぼんぼちぼちぼちさん、ご来訪&コメントありがとうございます。
ラストのアメフトの場面のみ長谷川和彦氏が撮影監督をしたそうですね。だから味のあるシーンになったのかも…。
by 扶侶夢 (2017-03-04 22:57) 

いっぷく

青春の蹉跌は青春だからいいんですね、きっと。
中年の蹉跌だとちょっと見ていて辛そうです。
中高年になればなるほど躓きからの立ち直りに
時間がかかりそうな気がします。
by いっぷく (2017-03-05 17:12) 

扶侶夢

>いっぷくさん、ご来訪&コメントありがとうございます。
だから若い頃から「つまずきは避けよう。失敗の先は絶望」などと言う気持ちが起こるんでしょうか?
確かに一からの出直しは時間はかかりそうですが、教訓を得てある意味パワーアップかも知れないんですけど。
by 扶侶夢 (2017-03-08 12:35)