So-net無料ブログ作成
検索選択

第五回:還暦からのデビュー(実践編) [還暦学講座]

還暦学講座title_01.gif


【第五回/還暦からのデビュー02】


さて、還暦の概念やこの先の展望、動機づけなどを各人が認識した後でいよいよ具体的なアクションに目を移したいと思います。


前回「自分を越える自分史」というテーマでお話ししましたが、観念論はこれ位にしてそろそろ具体的なアクションを起こすきっかけを見つけてゆこうというのが今回の講座です。
まず今の私自身を棚卸しします。これまでの生き方を俯瞰しながらそこから発見され生まれる発想の芽から次の一手を導き出す。これが歳を経た後の自然の流れに沿った自己開発というものです。


これまでの記憶の中を探ってみた時に第一に浮かび上がったのはどんな事だったでしょうか?
それは肯定的な感じ?それとも否定的な要素を含んだもの?
どちらにしてもそれに磨きをかけてゆくことが最初の作業になります。磨きを掛けていると少しずつ外側の被膜が剥げて内側からその本質のようなものが醸し出されてくる事がよくあります。
何であれこれまで取り上げようとしなかった、または避けて来た部分があったとしても心の中に留意している本質的な要素で取り組むことが肝要だと考えます。否、これまで避けていたからこそ還暦という機に及んで取り組んでみる価値があるのかも知れません。


例えば「公募」にエントリーしてみるという方法があります。企業が募集する全国を対象にしたものや地方の行政機関が募集する地域を対象にしたものなど、そのジャンルは様々で自分の得意とするものを見つける事は難しくありません。当初の目的は受賞することではなく自分の中に溜まったものを発露する事ですから気楽に本音でエントリーしてみることですね。


「公募」にエントリーというのはあくまでも一つの例です。興味の対象はひとそれぞれですから自己発露の方法は限られたものではありません。これまでやって来なかった部分に少し風穴を開けるという感覚で、要は自分自身をデビューさせる意識なんです。


公募資料.jpg


いつの間にか隔世に引きこもっていた自分を還暦デビューの世界に引き出します。名刺を作ってみたりSNSの世界で露出させたり自己紹介のポートフォリオを編集したり、しばらくご無沙汰だった旧友と再会したりetc. 活動を始めた自分の新しい一面をこれまでやって来なかったプロモーションをすることで既成の枠から少しはみ出してみます。
はみ出した世界はどうですか?違和感がありますか?それとも清々しさはありませんか?はみ出すことを不快に感じなければ、それはもう新しい扉が開いたしるしです。


「還暦からのデビュー」の意義をここで改めて確認してみたいと思います。
還暦デビューは人生の再生です。未知への恐れを取り外して自分自身が好きになれるような生き方を選ぶ生き直しの機会です。
還暦デビューは人生の棚卸しです。訳あってこれまで気に留めてこなかった事や物に目を向けてその潜在的な意味・意義を見つけ出す価値発見の機会です。
還暦デビューは人生の展望台です。社会教育や歴史教育など固定観念の視点から俯瞰してより自分らしい可能性を発見するパラダイム転換です。



次回は更に具体的な一例として、私個人の発想で取り組んでいる「絵本づくりを通しての還暦デビュー」についてお話しをしてみたいと思います。


 


nice!(14)  コメント(0) 

nice! 14

コメント 0