So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

生き方の話し [閑話休題]

【この記事はR60指定です】(^^;)

フログネル02.jpg

人間は60年も生きれば大方は人生について何らかの結論を出しているものでしょう。それぞれが其々の生き方を実践して今日も生きているわけです。他者と比べたり他者を妬んだりといった不毛の葛藤には見切りをつけて悠々自若の日々を過ごしている…かと言えばそうとも限らないようで…まだまだ人生の達人の域には程遠い高齢層が社会的お荷物な存在となることもあるようです。私もその一員として、そんな者に語る資格があるのかなどと云わずに老人のたわ言と思って聞き流してください。
青臭かった時代の青春談義じゃあるまいし、今の時代に「如何に生きるべきか」なんて陳腐に思われるかも知れませんね。しかし、WEB もSNS も無い時代にそういったテーマで喧々諤々と朝方まで討論をしていた時代もあったのです。それが何の役に立ったのかは各自の生き様が語ってくれるでしょう。少なくとも何割かは無駄ではなかったという答えが返ってくると思います。


「ネガティブ・ケイパビリティ」という精神医学用語があります。初めてこの用語概念を聞いたとき軽いショックを受けました。私がこれまで自分の中で自問自答して来た考えが的確に説明されていたからです、それも'70年代という半世紀近くも前からその発想と取組みがあったと言われています。
通常世の中は「ポジティブ・シンキング」を推奨しています。見た目も“明るいヤツ、楽しいヤツ、幸福そうなヤツ”が評価され手本とされ基準とされている様に思います。しかし気が付かない内にそれは模範となって優位性を持ち、優劣の基準となってゆきます。私は若い頃からそんな一方的な価値判断に疑問を持っていて、それは歳を取ってから尚更不満に思える気持ちになりました。自然界は決して平等とは言えないが、人間の決めつける人間社会の不平等には我慢ならない気がします。
話しが脱線しましたが、ポジティブの対極にあるネガティブという存在に光を当てる「ネガティブ・シンキング」はマイノリティの存在に価値を見出そうと考える私には受け入れやすい思考パラダイムとして取り組んでみたいと考える様になりました。


未来を志向しない”生き方を認めることが間違いだと考えない事。“過去に価値を見出す”ことが間違いだと思わない事。登って来た山を下山することをも含めて「山を知る道である」という捉え方を忘れない様に。つまり人生は往きも返りもひとつであって、生も死もひとつなのだとすることを過去の人々は理解していた。
人の一生の本質は未来のためにある訳ではなく、今を生きて「どう生き切るか」にある様に思う。生まれてきた事は自分の責任でもなければ天の使命でもない。満足して命を使い切ることが出来ればそれが最良の“生まれ出でた証し”なのだろう。

「ネガティブ・ケイパビリティ」の基本概念をこれからも追及してゆこうと思います。“答えの無いことを追い求める”…一見矛盾に聞こえますが、これこそがネガティブ・ケイパビリティの精神だと確信しています。霧の中を泰然として歩むことは難しいけれど自分の内に起こる雑念と闘えれば可能な事でもあります。

この文頭に【R60指定】と記した理由、それはこれから未来を切り開いて行こうと思っている若者たちにまるで答えを知っているかのような説教は百害あって一利なしと思うからです。仮に百歩譲って正解を知っていたとしても、それを教えた時点で間違いとなってしまうのがこの世の原則のように思います。「道は無限にある」これが今私の言える精一杯の言葉です。

nice!(15)  コメント(4) 

あけぼの [アートギャラリー『還暦』]

【曙~文化の始まり】

還暦号ロマーノ01.jpg

ふとした思いつきが文化の曙になる
心の琴線に触れたものを大切にしよう

 

nice!(8)  コメント(0) 
前の2件 | -