So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

第5章~若き日々への伝言 [還暦の荒野をめざして]

職場など諸々の集いの中で若い人たちと交流があると時として考えてしまう事がある。
果たして己の人生訓をお節介に言うべきなのか?それとも老いたる者は見届けるだけにしておくべきなのか?私自身はたくさんの思い違いや失敗を反省して今日があるのだがその事を説明したところで同じ轍を踏まないようにという意図はたぶん伝わらないだろう。否、事前に自重を促しても実際には押し止められるものでもない事は承知している。

時代の価値観や社会のコンセンサスが違っているので振り返る事に果たして意味があるのか?という疑問もあるが、自分自身への回答という感覚で若き日の総括をすることが…還暦を経てからの思考パターンのひとつとなっている。
老化現象のひとつなのかも知れないと思いつつ、その中には若い頃に探し求めていた答えがあるかも知れないという感じがして、気がつけば無意味な事に深入りしているのかも知れない。
しかしやはり私は生き続けている限り、自分の思いを表示してゆける事は精神が生きている証しの様に思える。


自身が若かった頃へ『未来からの伝言』として書き記す、そんな方法でしか自分を満足させる術が無いようだ。それでも伝えたい何かがあるということは幸せな事だと思う。然したる意味もない単に老いたる者の独白でしかないのだが、私にとってはコミュニケーション表現のひとつの形なのだろう。

赤の自画像.jpg
 ▲「赤の自画像」1979年

【若き日の私に~未来の私からの伝言】

計算された生き方ばかりでなく時には損得を度外視した選択も若者には必要だろう。今の君の闘いは結果としては惨敗に終わる事になるだろうけれど、それは人生に於ける通過せねばならない宿命のひとつだと思えばいい。
未来の成長した私から見れば、若く未熟な私の犯す失敗の数々を止める事が出来そうに思えるけれど、それは決して正しい判断ではないと分かっている。過去の価値観で説得をしてみてもそれは有効なものではない。何事も説明で事済むのなら歴史はこのようには流れてこなかっただろう。
私は貴方の失敗を後押しする。間違いに思える生き方に対して、意見としては否定しても決して押し止めようとはしない。未知のものに対しては全てが間違いを犯しそこから学ぶものだから、先達は生き様の背中を見せることはあっても前に立って先導するものではないからだ。

貴方が若いから知らないという訳ではない。結局いくつになっても人間は殆どの事を知らないままに人生を過ごしてゆくものなのだ。不安を掻き消すために自分自身を納得させるために「知っている」と思いたいだけで、本当のところは表面的な事しか分かっていない。
だから何度でも言う。大人たちの言葉に従うも逆らうも君自身の判断であって、それは君たち一人一人の運命なのだと分かっていて欲しい。貴方の生きている時代の価値観で自分に忠実に生きる事、それが唯一只一度切りの自分の命を生きる事に繋がってゆく。

雨の中の天才_web.jpg
 ▲「雨の中に」1979年

これまでの生き方を反省はすることもあるが後悔はしていない。もしももう一度生き直す事があっても結局は同じような生き方をするのだろう。それが人の習性というものであり永久に進化などしない人間の性でもあると思う。

この肉体を身につけて生きるのも今生只一度がすべてである。有り難く生き切れればそれが最上であると思う。君死に給うこと勿れ。

 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

還暦曼荼羅:試作の模索<3> [アートギャラリー『還暦』]

【還暦曼荼羅:試作の模索】

mandara_A3.jpg

人間の生を営む世界は極小の限られたひとつの次元である。
人間の意識の中に階層があり権威があり差別がある限り、その世界での空しい闘争はなくならない。

 


nice!(17) 
共通テーマ:アート
前の2件 | -